ホーム > 口腔外科

口腔外科

口腔外科

口腔外科

麻酔をかけて手術をする必要がある歯の治療。
親知らずの抜歯をはじめ、顎関節症(アゴが痛い、口が開かないなどの症状)、インプラントなど、口腔外科治療は専門的な分野です。

症状によっては、専門医や大学病院をご紹介させていただいておりますので、何でもご相談ください。

親知らずの抜歯

咀嚼には役立たない歯の場合が多い“親知らず”
一般的に「親知らず」と呼ばれる上顎と下顎の第三大臼歯(上下あわせて4本)。
なかには生えずに一生を過ごせる方もいますが、横向きに生えて他の歯や歯肉、顎の骨などを圧迫し、痛みを伴う場合は、抜かなくてはいけません。

当院では、親知らずがどのように歯肉に埋まっているかをCTで検査したうえで、抜歯いたします。
ただし、その親知らずの近くに大きな神経が走っているなど、手術が困難な場合は、大学病院または口腔外科専門医をご紹介しています。

インプラント

インプラント

高額だが、自分の歯のようなフィット感が人気。
「高額治療なのに、脱落してしまった」など、何かとトラブルの多いインプラント。
当クリニックでは、インプラントの外科手術は、熟練した専門医が在籍する慶応義塾大学病院をご紹介しております。そして術後のケア、および被せものなどは、当院で治療するという体制を取っております。

よく歯周病の患者さんは、「土台となる骨が弱くてインプラントができない」「インプラントをしても歯が脱落してしまうのでは?」と思われていますが、歯周病をコントロールできる口内環境をつくれば、インプラントは可能です。

当院の医療連携先である慶応義塾大学病院では、インプラント治療の際、必ず全身のメディカルチェックをしてから始めますので安心です。
その検査の結果、患者さんがインプラントに向かないと診断された場合は、当院で責任を持って義歯(入れ歯)を作らせていただきます。

その他の口腔外科治療

赤黒い歯肉をピンク色の歯肉にする
その他の口腔外科治療

顔にシミができるのと同じように、歯肉の中のメラニンが強いと、歯肉が赤黒くなります。
麻酔をしてレーザーで歯肉のピーリングをすることにより、歯肉をピンク色に戻すことができます。

口の中に腫瘍ができているケース

良性・悪性を問わず、口の中に腫瘍が見つかった場合は、大学病院をご紹介しています。

アクセス


大きな地図で見る

【住所】
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷3-26-5 金子ビル1F

お問い合わせ 詳しくはこちら